ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

ベルリン見聞録:ドイツで風邪をひいても医者いらず?玉ねぎと生姜、蜂蜜でイガイガ喉の痛みを撃退したお話。(日曜日もEDEKAならスーパー開いているはず!)

これ見聞録かな?笑 

でもドイツ人に教えて貰った風邪のウイルス撃退レシピなので見聞録とも言えなくない。今日は「ヤバい、喉が痛い!」って時に「ドイツで病院とか行きたくない、出来れば薬や医者なしで全快したい!」という自然療法派の方々、もしくは「今日は日曜日やん、病院閉まっとる・・・でも、俺死にそう」ってアンラッキーさんにお届けする、何とかキッチンにあるもので頑張りましょう!なテーマです。

目次

 

まずは「生姜、蜂蜜、玉ねぎ」だけでもスーパーに買いに行ってきてください。

f:id:morianna:20171126114736j:plain

道中で死なないでくださいね、頑張って!生きて戻れる程度の体力がある人は自力で、無理な人はご近所さんに連絡しまくって彼らのキッチンから確保しましょう。こーゆー時の為にご近所付き合いって大切です。私はご近所付き合いは挨拶以外はあんまりないので自力で泣く泣く頑張る派です。

 

え?日曜日に風邪が悪化した?大丈夫、EDEKAならOPENしているはず!

f:id:morianna:20171126114845j:plain

そもそも生姜も蜂蜜も玉ねぎもキッチンにないという方、しかも日曜日!そんな方にも朗報です。通常ドイツでは日曜日にはどこのスーパーも閉まってしまうのが通常ですが、大きめの駅近のスーパーなら開いているところもあります。

私の家から行ける日曜日のスーパーといえばFriedrich Str.のEDEKA! Sバーン寄りの駅構内にスーパーがあります。日曜日に教会に行った帰りの乗り換え駅なのですが、もし日曜日に食べ物とかの買い物がしたくなったらここに行っています。もしかしたらご近所のEDEKAなら開いているかも!チェックしてみる価値ありです。アカン買ったらもう、FBで友達にヘルプサイン送ってください。こーゆー時に色々試されますよね。

まさに三種の神器!玉ねぎと生姜、蜂蜜で3つの対策ができる!

この3つはもうキッチンに常備しておくべきだと思います。普通の料理にも頻繁に使えるし、蜂蜜もすぐに悪くなるものでもないしね。今日はこの三つを組み合わせて3つのレシピ・秘策をご紹介したいと思います。 

⑴玉ねぎと蜂蜜でドイツのおばあちゃん直伝栄養ドリンク

f:id:morianna:20171126114920j:plain

私が「喉が痛すぎて喋るのも辛い」と泣きそうになっていた時、「俺のおばあちゃんがこのレシピよく作ってくれたよ」って教えてくれました。下記がレシピのサイトですが、ドイツ語表記。

www.chefkoch.de

簡単にまとめたらレシピと使用方法はこんな感じ!超簡単!

①玉ねぎをスライスします。

②蜂蜜にブチ込みます

③12時間は寝かせておきます

④玉ねぎのスライスは捨ててしまってオッケー

⑤玉ねぎエキスを吸い込んだ蜂蜜ドリンクを飲みましょう!

なんか、ねっとりしていた蜂蜜が、玉ねぎ効果かサラサラした液体に変化しています。少し玉ねぎの香りがしますが、結構飲みやすいです。お湯などで薄めたりはせず、そのまま原液を飲むのがベターなようです。

 

⑵玉ねぎスライスで喉の痛みを撃退

f:id:morianna:20171126115008j:plain

「12時間も待ってられません、今!死にそうなんです!」って方には玉ねぎスライスがオススメ!

玉ねぎの目にしみる成分が、実は喉の痛みに効くとか。これ、半信半疑で実行してみたら、ビビるぐらいに効果覿面で毎回実行しています。だから風邪ひいたときの私は玉ねぎ臭い!笑 喉の痛みが酷すぎるときは外出時も玉ねぎ常備します。

準備の仕方は簡単で、スライスした玉ねぎを枕元において眠るだけ。これだけで翌日の朝の辛さが変わります。

もし、日中に玉ねぎパワーの恩恵にあやかりたかったら、玉ねぎを紅茶用のパックにいれるといいよ!これでマスクの中に入れて直接鼻から吸い込むようにしてもいいかもね。辛すぎる時は私コレやります。

あとドイツ人曰く「スライスした玉ねぎを鼻に直接つっこむのも全然あり!むしろ鼻通りがいいよ!」とのこと。「え~?」といいつつやりました。やるよ、だって息苦しかったんだもん!コレがまたね、丁度いい!玉ねぎは程よく柔らかいけども硬度もあるし、鼻に入れるとジワーっと穴を広げて空気が通りやすくしてくれるんですね。そして玉ねぎエキスもたっぷり吸い込めるので一石二鳥。さあ、恥ずかしがらないで!玉ねぎを鼻へ!笑 マスクをつけたらどーせ見えません。

 

⑶蜂蜜と生姜で「はちみつジンジャーティー」

f:id:morianna:20171126115048j:plain
これはよく知られているレシピですね。日本でもよく飲んでいました。スライスした生姜を蜂蜜と一緒にお湯で煮出して飲むだけ。カモミールティーなどのお茶と混ぜても美味しいですし、私はお茶なしでも飲みます。ミントがあると爽やか。でも風邪ひいているときに「美味しい!」ってレシピを目指さなくてもいいので、最低はちみつと生姜だけでもオッケーだから。頑張りすぎてキッチンで死なないでくださいね。

*さっきから「死ぬ!」「死んじゃう!」との言葉選びが続いていますが、風邪ごときで普段いかに私が大騒ぎしているかがバレますね。

 

そしてフルーツでビタミン補給、タイガーバームで喉の通りを良くしよう

f:id:morianna:20171126115149j:plain

とにかく風邪にはビタミン!フルーツが食べられたらベストです。オレンジとかがいいのでしょうけども、リンゴでもバナナでもオッケー。バナナは消化もしやすいので私は結構重宝します。

そしてタイガーバームを持っていたら、肺の前後(つまり胸と背中)に塗ってしまうのも素敵です!スースーする上に、じんわりと温かくなるので、呼吸が楽になります。

アジアの薬のイメージが強いですが、タイガーバームはドイツでもdmという薬局的なスーパーでも売っています。

f:id:morianna:20171126115225j:plain

(こんなお店ね!)元気な時にでも、見つけたら買っておくと便利ですよ!私わざわざ台湾旅行のときにありがた~く買っておいたタイガーバームをドイツまで持参しましたが、「バリバリこっちでも売ってるやんけ。」とちょっとショック受けました。いいね!使い切ってもすぐに買いに行けるね!

 

マスクもいいけどネックウォーマーもすごくいい!

最後に結果論だけど、なんで風邪ひいたのかと考えたら「寝ている時に首が冷えていた」からだと思いました。この後から私は就寝時にはネックフォーマーをつけて寝るようになりましたよ。これもC&Aとかで買えば安いから、冬になったら1つ買っておくといいかも。口元までガバーッとカバーできる薄手のタイプのネックウォーマーがあれば、どんなパジャマでも寝る前にパッと装着できるじゃないですか。風邪ってやっぱり首元の冷えも原因の一つにあると思うのね。だから普段から首を冷やさないようにすることも大切です。

 

今回はあんまりドイツ関係ない情報ですけれども、海外で具合悪くなったら結構不安になって他人のブログが読みたくなるので(*経験談)何か役に立てばいいかな~と思って書いてみました。日本の方々も、キッチンには玉ねぎと蜂蜜と生姜ですよ!テストに出してもいいぐらい重要な食材です。寒い日が続きますが、皆様もご自愛くださいませ~