ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

ベルリンでフリーランス2ヶ月経過の現状報告「Google出資のビジネスコミュニティーFactoryに入ったり、友達の会社でバイトしたり、日本の会社と契約したり、なんとか生きとるよ!」

はい、呑気な話題ばかりが続いておりますが、現状は必死ですよ!もう英単語でいうDesparate(デスパレート:必死の、死ぬもの狂いの)な感じですよ!

f:id:morianna:20171025224909p:plain
desperateの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

Desparateを調べていたら、昔のバイト先のバーテンダーさんと、仕事終わってから朝方5:00ぐらいからの何故か「デスパレートな妻たち」を鑑賞した時のことを思い出しました。

www.youtube.com

これ、ヤバない?笑 すみません、ここまでデスパレートではないですが、まあ精神状態はたまに「わー!」って感じ。でも、なんとか生きています!

目次

 

まずは、友達の会社でアルバイトとして簡単なお仕事をさせてもらっています。これで食いっぱぐれないで済んだ!

はい、本当に有難い話ですが、フリーランスになったと同時に一気に仕事獲得に動く必要があったので「フリーランスになったなら手伝ってみる?」と友人から声をかけてもらえた時は、本当に有り難かったです。小さなお仕事ではありますが「keep the foods on the table(食べていかなければいけない)」という一文がね、エミネムの歌(Mocking bird♬ 娘さんにむけて書かれた歌です。歌詞がもう、とっても良い。おばちゃん、泣いちゃう!)にもあるようにね、

下積みというか、やっぱり苦しい時代ってあるじゃないですか。今まさに私もそうなんですけど、そんな時でも、どんな仕事でも必死に、誠実に、腐らずにやっていく必要ってあると思うんですよ。お陰で友人の会社から「君は真面目だしシッカリしているから、次はこの仕事も手伝ってもらえる?」みたいに別のお話も頂けて、ギリギリ食費と保険料はカバーできるぐらいにはお小遣い稼ぎができております。まあでも、今は貯金が減っていますけどね!しゃーない。

www.youtube.com

で、フリーランスになったと同時にフリーランスになるとフリーランサーとしての税金番号取得が必要になったりと、色々と手続きもあるんですよね。だから税務署を訪ねて(結果的には4回も行く羽目になりましたけれども)税金番号を発行してもらったりと、お役所手続きも行いました。その時の記事がこれね。「Steuernummer失くした!」って記事に比べて、あんまり読まれてはいないみたいなので、ベルリンでフリーランスでやっていこう!って人はシッカリしているんだな〜と勝手に思ったり。

www.berlin-fightback.com

で、結局税務署とは1ヶ月以上やりとりして、先日やっと!税金番号を受け取ってきまして、先ほど最初の請求書を作って友人の会社に送ったところです。会社員時代には作ったことがないInvoiceですが、これからはちゃんと管理していかなければいけない部分ですね。そのためInvoiceはZarvantってスタートアップのサービスを利用して発行しました。

www.zervant.com

Facebookでフォローさせてもらっているドイツ在住のファイナンシャルプランナーさんが、すっごく有益な情報をポンポンポンポン鶏の卵みたいにですね、毎日ってぐらい色んな情報を流してくださるのです。マジで金の卵!そこでZarvantが紹介されていたので、よっしゃ!頭がいい人のアドバイスはそのまま聞いておこう!と思って使ってみました。ただでさえ混沌とした人生ですので、シンプルで済むところはシンプルで終わらせたいのです。山片さんの有難い記事はコチラにございます。他の記事もめっちゃ有難い情報ですので是非に。

jinenbo.me

 

ほんでもって、Google出資のビジネスコミュニティー「Factoryファクトリー」に入会できた!高速のネット回線と情報源にアクセス可能に!

Factory Berlin

f:id:morianna:20171025225156p:plainこれ、めっちゃ嬉しかったですね〜 ホンマに有り難かった!「Factoryファクトリーって何?工場のラインで働くの?Windowsとか組み立てちゃうの!?」って勘違いする人はさすがにいないとは思いますが、概要を簡単に説明しますね。

まず、Factoryとはベルリンに拠点を置くコワーキングスペースです。コワーキングスペースは日本でも最近始まっているかと思いますが、フリーランサーや起業したばかりの数人のチームメンバーが共同でオフィスを所有し、活用しているスペース、というか建物?みたいな場所のこと。月々の費用や施設の内容を鑑みて、私はFactoryというGoogleも資本を出資しているビジネスコミュニティーに所属することにしました。面白い施設ですので、宜しければ下記記事もご覧ください。

forbesjapan.com

(日本語記事:少し古い記事ですがファクトリーの全容や趣旨は分かり易いです。)

 

「Factoryファクトリー」はベルリンで一番魅力的なビジネスコミュニティーだと思う。

f:id:morianna:20171025225255p:plain

月々の使用料が50ユーロという破格の価格設定であるにもかかわらず、コーヒーなど飲み物が無料、プリンターも追加料金なしで使えるなど魅力的な部分は沢山ありますが、私にとっては高速インターネット環境が最重要でした。

ベルリン在住の外国人同士で集まれば色んなトラブルの話をシェアしているのですが「実家から送ってもらった荷物が一生届かない」「新しいアパートが全然見つからない」という話題に続いて頻繁に聞くのが「インターネット契約したけど、回線が遅すぎる」「帰国するから契約を切りたいけど、勝手に年間契約に更新されていて会社と契約で揉めている」という自宅のネット環境トラブル。私が現在住んでいるアパートにはネット回線がありませんので、仕事のために博打のようなネット契約を結んでさらなるトラブルは避けたかったので「だったらネット回線がしっかりしているコワーキングスペースを探したほうが良くないか?」と考えて、コワーキングスペースを探し始めた次第です。

実はキッカケとしてですね、有難いことに日本のある会社とお仕事をさせてもらえることになったんですよ。生々しい話ですが奨学金の返済もありますしね、日本円も稼ぎたかったので有難いです。これも小さな仕事ではあるのですが、そのお仕事の為には日常的にインターネットを使用する必要がありました。日本の会社と仕事するにしても、大きなデータを送ったりSkypeでミーティングしたりする時にネット環境のせいで障害が起きたら大変です。ファクトリーではいたるところで様々な人々が常に会話やミーティングを行っているので、私がSkypeを通して喋っていようが気にされません。

ファクトリーはめっちゃ静かで仕事に集中できるコワーキングスペースというよりかは、もっと能動的な感じで「ビジネスコミュニティーとしてメンバー同士の科学反応を楽しんで!」というコミュニティー重視の場所なので。その為、入会にあたって審査があるんですよ、ガッツリと!書類審査とインタビューの二本立て!ガチでしょう?だから入れた時は嬉しかったんです〜

 

「Factoryファクトリー」はコミュニティー重視!入会審査があります!

f:id:morianna:20171025225323p:plain

私はまだまだフリーランスとしての実績はないに等しい人間ですし、どうやって認めてもらおうか、必死でした。この入会審査を簡単に説明するとまず、ファクトリーのHP上の「APPLY NOW(申し込む)」ボタンをクリック。

f:id:morianna:20171025225401p:plain
まずはね、名前とかのね、基本情報入力部分があります。

f:id:morianna:20171025225413p:plain
それから「何故コミュニティーに入りたいのか?」「君がコミュニティーに入ったら、どんな風に貢献してくれるのか?」そんな感じで、ガッツリとファクトリーの趣旨に合致しているメンバーか、チェックされます。

f:id:morianna:20171025225422p:plain
で、途中で「どなたかファクトリーメンバーの紹介はありますか?」と聞かれます。ハッキリと「紹介者がいた場合、審査が早めに進むことがあります」とも書かれていますので、紹介者がいたほうがいいのでしょうが。。。私にはいなかったので、ここは自分の情熱は文章に込めることにして、紹介者なしで提出しました。

f:id:morianna:20171025225547p:plain

「他にも何かあれば」という自由記入欄にもね、ガッツリメッセージを書きましたよ。とりあえず私は「ストーリーを語る」という手法で文章を用意しました。具体的な数字を入れることも重要だと思うのですが、「イノベーターの為のコミュニティーだ」とかね、そんな趣旨を打ち出している時点でドリーマー歓迎してくれると思ったのです。だからマーチン・ルーサー牧師じゃないですけれども「I have a dream, and a plan!(私には夢があるし、計画もあるわよ!)」って感じで書きまくりました。一週間で面接に読んでもらえましたよ〜 よかった!

 

Factoryの面接は、カジュアルトークな合同ミーティングでした。

f:id:morianna:20171025225618p:plain

で、すぐにメールで「Let’s Meet!(会いましょう!)」みたいなメッセージを頂きまして、その翌日には面接受けていました。面接といってもカジュアルトークで「ファクトリーの趣旨はこんな感じですよ。」「あくまでも仕事がメインの“コワーキングスペース”ではなく、交流が大切な“ビジネスコミュニティー”ですよ」とまずは、改めてファクトリーの理念を説明されました。そして事前に提出していた内容と同じ「何故入会したいのか?」「どのように貢献したいのか?」を自らの口で説明する感じ。私以外にも2人のメンバーがいて、ファクトリースタッフのお姉さんの4人で話しました。

私は「絶対ここに入りたい!」という強い意志があったので、パワーポイントでプレゼン資料を作り、PDF化したものをiPadに落として持ち込んでいました。が、熱が入りすぎていましたね!やりすぎた!笑

私が一番最初に自己紹介をしたのですが、「では、こちらの資料をごらんください。」ってプレゼン始めちゃったら、あくまでもカジュアルトークだと思って参加していた皆さんが「え!?ガチやん!」とビックリされちゃいまして。「俺、何の資料もないんですけど!」って一人が慌てちゃったので、スタッフさんも「気合入っているわね、いいのよ、ビジネスプレゼンじゃないから適当で。。。笑」って感じで笑っちゃう。私も恥ずかしくなっちゃって笑っちゃう!笑 

「日本人やけんね、クソ真面目やねん。最初の3ページだけ紹介させてください(残りの7枚は自主規制でお蔵入りにしました)」と逆にネタにして皆で笑い、その場が和んでよかったのですけど。ここまではしなくても大丈夫みたいです。ちゃんと話せたら大丈夫みたいですよ〜(当社比)

 

最後に、このBlogでも収益化を目指して模索中。マジでよく分からんが、とりあえず勉強中。早くデザインとか改善したい。

f:id:morianna:20171025225647p:plain

全てに並行して就職活動はしておりまして、フリーランスで働ける案件は探し続けております。同時にBlogも何かしらの収入の助けになればと思いまして、まず普通に「ブログ」「収益化」とかで検索して勉強しました。そこで何やら「Google Adsence とAmazon associate が収益化の基本だ!」と分かりまして、その為に独自のURLアドレスを購入&設定したり、あとは「お問い合わせ」や「プライバシーポリシー」なるものを設置すべき、と学びまして設置してみたり。

有難いことに今までGoogleさんで500円稼げたそうです。二ヶ月で500円。うん、ケバブが一つ買えますね。ただ、どのようなアルゴリズムで儲けが出ているのかよく分からない。もっと勉強と改善が必要なのでしょうが、このあたりで力尽きて、最近では記事の更新しかしておりませんでした。目標はBlogの収益で自動的に奨学金の月々の返済を行えるぐらいになること。遠いなあ〜 遠い!トンネルの先が雪国なのか、南国なのか、いまだ見えません! 

雪国 (角川文庫)

雪国 (角川文庫)

 

 (で、川端康成さんの「雪国」。こーやってAmazon貼っていくんだね!笑)

次にパワーが溜まったら、この適当なブログデザインをなんとか綺麗に整えたい。目次も入れたり、見出しの入れ方もね、いい加減「かろうじて太字にしている」レベルから成長したいよね。あとは「いつまでゴミ箱アイコンで行くのか?」「話が長い、小さい人って、名前も適当すぎるやろう。。。」という自分へのツッコミにもですね、いつかボケをはさみつつ答えていきたいと思います。多分、年末までには、クリスマスまでには。。。という希望的楽観計画で進めていきます。

ちなみにWordpressを使うかどうか、も考えましたが、私はそこまでBlogを中心としたお仕事をしていく方向は今のところありませんので、自分の趣味と少しばかりの実益を兼ねた場としてのBlogでいいと結論しまして、しばらくははてなブログのままでやっていくようにしました。あと、今の時点でWordpressを新しく開設したり色々と勉強したりするほどのエネルギーと時間も予算もないので。いつかね、必要があったら検討します。

 

本日の蛇足:今後は火曜と金曜日の定期更新を目指しております。

なにやら現在38人もの方がですね、読者登録して下さっているので非常に有難い!その方々の為にも「記事の更新は定期的な方がよかろう!」と勝手に自分で考えまして、毎週火曜日と金曜日更新とスケジュールを決めて更新するようにしました。(今後継続できるかは不明ですが、出来るだけ頑張ります!)だから週末でも平日でも、どっちで覗きに来て頂いても何かしらの新しい記事があればいいな、と思って更新していきたいと思います。ネタならボロボロあるので、書くだけ。メモだけは大量に溜まっております。

 

メモを公開しますと、今後書いていきたいネタ・ストーリーはこんな感じ。

1)ベルリン見聞録:何故かベルリナーとハンブルガーは気が合わない。スペインのサッカー、レアルとバルサと一緒や。

2)ドイツ人の友人の生き別れの父親をFacebook を駆使して探し当てた話 〜二人は日本で再会しました〜

3)税金の申請ってどうするの?Elsterに登録しました。(ただし、私自身がまだ未使用なのでこの話は年度末にでも)

4)ワーホリ中の奨学金返済猶予制度について

5)出国前に知っておきたい手続きと制度について。(住民税、年金、転出届など)

6)日系企業の現地採用の面接受けたけど最終候補で落ちた、が色々面白かった話

ハンブルグネタがすごく書きたいけど、もっと内容が深まってからかな〜?

大きな日系企業の現地採用の面接受けたけど結局落ちた話、需要があるのか疑問。

後半は堅い話になりそうですが、まあ書けたらまとめたいですよね、私が知りたかった内容だったりするので。私は結構損もしたので、今後の誰かの為にも、いつかね。

全部は書けないと思いますが、11月分の記事で書けたら書きます。他にも普通に映画のこととか、食事のこととか、頑張っている友達のこととかも続けて書きたいです。

ということで、今後とも宜しくお願い致します〜 

まずは!無事にベルリンにて年が越せますように!頑張って履歴書送りまくります〜

 

(で、最後にEminemも貼っておく、みたいなね!)

 

Curtain Call-the Hits

Curtain Call-the Hits