ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

フリーランスで働くから税務署で税金番号( Steuernummer)貰いに行ってきた話。Fragebogen zur steuerlichen Erfassung申込書が面倒だから記入時の参考サイトも紹介するよ!

またお世話になりました税務署(Finanzamt)。

税務署といえば、以前「就職したら税金番号提出せなアカンで〜」の紹介記事が結構読まれているみたいですね。みんな税識別番号Steuer Identifikationsnummer失くしすぎやろ。ちゃんと書類は保管しましょうね。私の場合は失くしたんじゃなくて!届かなかったので!失くしてはいない、と主張しておきます。

www.berlin-fightback.com

何故もう一回税金番号が必要なの?会社員からフリーランスになったからです。

ドイツではフリーランスで仕事をする場合、事前に割り振られている税識別番号とは別の、フリーランサーとしての税金番号が必要になるんです。そしてこれは自分で税務署に行って(もしくは郵送で)申請して、配布してもらう番号なんですって。この番号がないと顧客に請求書を発行してはいけない決まりになっているので、フリーランスで働く人は必ず税金番号を取得しましょう。

なんかインターネットでも申請書類はゲットできるようですが、私の場合、たまたまケバプも食べたかったので(税務署の近くに美味いケバプ屋さんがある)申し込み用紙を直接取りに行きました。ネットで見つけたフォーマットも本当にベルリンの申請書か確信も持てなかったので。直接確かめた方が間違いが無いかな、と思いました。

で、ちゃんと待ち番号をとってですね、窓口で順番を待ってから書類をもらったのですが、普通に書類は待合室の棚にも置いてありました。「勝手に持っていけ。」とな。どの書類か分からなかったので私は窓口で貰いましたが、次から行く人が無駄に待たなくてもいいように私が写真付きで解説しましょう。Because I am nice;)) この書類ですよ!

 

書類をもらいに直接クロイツベルグ地区の税務署まで出向きました。

今回行ってきたのはFinanzamt Friedrichshain-Kreuzbergですね。オープンアワーがアホみたいに変則的なので皆さん気をつけて下さい。朝8時、平日ってだけ覚えておけば間違いはないと思いますけど。頑張って早起きしてね。

f:id:morianna:20170922224722j:plain

受付に行きます。何か奇妙なロボット立て看板の後ろに棚があります。

f:id:morianna:20170922224747j:plain

棚の最上段に「freiberuflich und gewerblich」って書類が置いてありますね。「Einzelunternehmen」の書類を取りましょう。

f:id:morianna:20170922224807j:plain

「GbR」とは何のこっちゃ分からんのですが、こっちはフリーランサー用じゃないのかな?私が窓口でもらった時には「GbR」の書類ではなかったので、きっと普通にフリーランスする人はこっちじゃないのだと思いますので注意を。写真の右側が「GbR」用の書類です。最初のページから「001」「002」って記入欄がある書類は違うやつだから間違って持っていかないようにね!

f:id:morianna:20170922224852j:plain

正しい書類はこちらです。これね、8ページぐらいありますからね。記入する前から「うわ〜」ってなります。

f:id:morianna:20170922225041j:plain

さ、頑張って記入しましょう!こちらの英文サイトの解説が神です。

f:id:morianna:20170922225009p:plain

私が記入の際に参考にしたのはこちらのサイトです。いや〜、ホンマに英語で検索したら何でも情報が出てくるわ。英語の勉強ってマジで大切ですね。情報量が違う。

こちらの記事がすごいのは、全ての記入欄のドイツ語英語訳が付いているだけではなく、フリーランサーが記入すべき内容、解説が付いていること。「12行目の意味は〜です。これは〜を指していて、もしアナタが〜だったらチェックを、そうでなければ無記入にしましょう。」みたいに痒いところに手が届く丁寧さ!お姉さん、本当にありがとう!英語ができる人はこれを参考にすれば一時間で記入が済みますよ。マジで神!*解説は現在(2017年)のものですので悪しからず。常に最新情報をご自身で確認していただきますよう、お願い致します。

medium.com

この記事は最初のアドバイスからして的確です。

「もし自分の場合に当てはまらない場合は空白のままにしておきなさい。」

「それでも不安があったら税に詳しい人にちゃんと確認して記入すること!」

その通りですね。適当は一番いけません。

書類を窓口でもらう際に「もし分からない部分があったら、空白にしておいて申し込みのときに質問してもいいかな?」とスマイルで質問したところ、無表情で「2〜3個の質問なら受け付けてもいいわ。」と返されました。税務署の人は全くフレンドリーでもヘルプフルでもないので覚悟して自分で準備していきましょうね!返り討ちにあうよ!

 

翌日、記入した書類は税務署に提出に行きました。

上記のサイト情報のお陰で本当にサクサク記入できちゃったので「順調すぎてむしろ怖い。。。」と不安になりながらも、翌日税務署に提出に行きました。税務署は外国人局とかと違ってあんまり混んでいないですね。今日はお昼にのんびり行きましたけど、10分ぐらいしか待っていません。順調すぎて怖い。。。

で、提出した書類はサラーッと目を通しただけで「オッケ!」とのこと。全く問題もないまま受理されました。しかし下記3点だけはきっと困る人がいると思うので私から勝手にアドバイスです。

⑴ビザのコピーが必要です。

どこにも指示や情報がなかったけど「ビザのコピーも提出してください。」って言われました。なのでパスポートに貼ってもらっているフリーランスビザのページのコピーを事前に用意しておくようにしてください。1枚でいいです。

⑵SEPAの加入は任意です。

記入欄No.39 にある「SEPAに加入するかどうか」の部分ですが、こちらはフリーランス税金番号申請時に必ず入る必要があるものでもないとのこと。私はチェックをいれないまま申請しています。問題はありませんでした。

SEPAの申請がしたい場合、また2週間後以降に実際にフリーランス税金番号が自宅に届いてから、SEPAの申請書類を記入してから税務署に送ればいいらしいです。私はじっくり検討というか、システム自体を調べたり、周りのフリーランスの友人達(ドイツ人、日本人両方)に意見を聞いてから決めるつもりなので申請書類とパンフレットだけ貰って帰ってきました。こんなやつ↓

f:id:morianna:20170922224637j:plain

⑶大丈夫です、ほとんど空欄になります。

最後に、申請書を手順通りに記入していくと、結構スカスカの空欄ばかりになってしまう人が多いと思うのですが、(誰かの事業を引き継いだとか、事業用に別の銀行口座があるとか、そのような人はもっと記入するようです)私もスカスカのまま提出しています。書かなくていいところは空欄のままで大丈夫ですから、ご心配なく!

 

申請してから2週間で自宅に書類が届きます。(届けばね!)

 あとは自宅に書類が届くのを待つだけですね。ドイツの郵便事情はですね、「最悪」に「悪」があと3つ追加されるぐらいの素晴らしさな上に、私のハウスメイトがこれまたあんまり信用がおけない(そんな人と暮らしとるのよ)イラン人なので、まあ、無事に届いたらいいな!と神に祈って待っておきます。届かなかったら直接税務署に出向くしかないね。もうついでに美味いケバプ食べるって目的をくっつけないとテンション上がりません。その程度のテンションでやっていますので、きっと皆さんも大丈夫なはず!さ、フリーランスのお仕事頑張りましょう!

*2週間後 !結局、届きませんでした!笑 **本当にコピー取っておくのは大事!

もちろん直接税務署に出向きまして「ちゃんと2週間前に申請したのだけれども、まだ手紙が届きませんが。何故でしょう?」と伺いました。窓口はたまたま2週間前の担当者と同じ。「あ、同じ人や。話が早いかな?」と思えば、そんなことはなく。出ましたTHEドイツ人、「私のせいじゃない!」戦法。

「知らないわ。私じゃ確認できないから、書類管理部に行ってよ。」

えー、そんなご無体な。

「あれ、私、お姉さんにちゃんと申請書を提出したの、覚えているよ。」

こんな風にチクリと釘を刺しても「知らない、私のせいじゃない」で終わり。

早口で「52号室か、53号室か、32号室!」みたいに追い払われたので、お姉さんのお名前だけ聞いて53号室へ。53号室では「受付のHさんがね、ここに行けって言ったんだよ。困ったねえ。」とお姉さんの名前を連発してサッサと処理してもらいました。一週間後に届くとのことですが、届くのかなあ?頼むで。

何がすごいって、書類自体が紛失されていたこと。念のために持ち込んでいた前回の控え(手書きでたまたまコピー取っていた)を53号室のお姉さんに渡すと「じゃ、これで処理しとくね!」って控えを持ってかれちゃったんですよね。慌てて写真撮って複製しましたが、本当にコピーって大事です。また何かあったら面倒ですし、それ以上に再再提出とかになった時に準備が早いので。

 

次回は現在のお仕事というか、「コイツ勢いで仕事辞めてフリーランスになったけども大丈夫なの?食べていけているの?」って心配してくれている数名の方々に向けて、感謝を込めて現状報告でもします。なんかブログっぽい!