ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

ベルリンでビザ申請:N26で銀行口座残高証明を出して欲しい時はサポートセンターへ。

まだ続いております「ビザ申請の時に疑問に思ったこと」の記録的な記事。きっと誰かが同じことで悩むかもしれないので、今日は「銀行口座残高証明書」について書いてみます。主にN26の銀行を使っている人向けです。

ベルリンにおけるフリーランスビザの申請要項には「銀行残高証明書」の提出は義務付けられていません。

そもそも論「えっ?」っと思われるかもしれませんが、別に銀行残高証明書を出しなさい、と案内にはありません。(2017年8月時点)が、用意しておいたほうが確実にいいでしょうね。だって「損益予想」とかの書類を提出する時とかに、「予想値としてはこれぐらいの収入を見積もっています。」と提出した収入金額が低かったり、あとは取得している契約書や推薦状の効力(具体的な報酬額の記載の有無など)が薄かった場合には「この人はビザを取得したあとも、問題なくベルリンで生活していけるのかしら?」と思われちゃうかもしれないじゃないですか。その時にですね「まあ、これぐらい貯金もありますので。もしフリーランスが最初から軌道に乗らなくても最初は貯金でやりくりしますよ。」というスタンスが示せれば、審査官の方も「この人にビザを与えても大丈夫だな。」って信頼して下さると思うのです。だから残高証明書を準備しておいた方がいいと思います。

 日本の銀行口座の残高証明書でもいいのかしら?

いいと思います。ただしポイントは2つあって「英文で記載すること」と「ユーロ換算した金額を記載してもらう」ことですね。日本語のままだったり、日本円のままだったりすると、審査する担当官の方も「うーん?」と困ってしまいます。私達日本人だってサウジアラビアの通貨やその通貨価値、知らないですよね。日本円だってドイツ人から見たらあんまり良く分からないですから。わかりやすい書類提出を心がけましょう。書類のせいで心象が悪くなったら最悪です。

さらに「申請日から過去一ヶ月以内に発行されたものを用意すること」と「口座が本人名義であること」が好ましいでしょうね。担当官のさじ加減かもしれませんが、知り合いは「一ヶ月以上も前の残高証明書なんて信用できない。」とはねつけられて、日本の口座の金額が認めてもらえなかったとのこと。ドイツ側に口座があれば別ですが、日本側の口座で残高を証明したい人は証明書の発行は計画的に手配した方がいいかもしれません。そして「本人名義の口座であること」ですが、「本人名義以外の銀行口座の残高で申請する」こともアリちゃアリってこと。例えば留学する学生などの場合「親御さん名義の残高証明書」などを提出することは普通のお話です。同様にビザ申請の際も「婚約者の口座です。」とか「経済的に支援してくれる親の口座です。」と言って提出してみてもいいかもしれません。でも「本当に婚約者なのか?」「親の口座のお金を自由に使えるのか?」とか疑問を持たれたら説明できますか?それだったら親御さん達に理解していただいて、日本にある自分名義の口座なり、ドイツに用意している自分の口座まで送金してもらった方がはるかにマシだと思います。この国際送金に関してはTransfarwiseというサービスが神がかり的に安全かつ早い、そして手数料も格安だったのでお勧めです。このサービスに関しては次の記事で紹介しますので、今日は割愛します。 

ドイツで銀行口座を開いて、ユーロで貯金しておくのが理想的。

一番いいのはドイツに銀行口座を開いて、そこにユーロで貯金をしてしまうことではないでしょうか。そしたら担当職員さんも「あ、ドイツの銀行、N26ね。はいはい、貯金額は6000ユーロね。」みたいな感じで色々とイメージしやすいと思うのですよ。

私だったら開く銀行口座はN26をお勧めします。外国人でも銀行口座が開きやすく、かつ口座維持費も無料で、更に毎月5回まではATM使用手数料も無料になるので最高です。残高証明書を発行したいと思った時も、連絡してから手配までに2〜3営業日で書類が手元に来ました。しかもPDFでメール送信してくれるので、アホみたいなドイツの郵便事情のせいで「一生書類が手元に届かない問題」とは無縁です。そこらへんの図書館でプリントアウトしてしまえば終了です。早くて安心です。もうドイツの銀行はN26でいいと思うよ!

N26で残高証明書を出したい人はサポートセンターに連絡しましょう。

で、早速今日の本題なのですが、N26で銀行残高証明書を発行する方法ですね。N26はアプリで個人の銀行口座や取引状況を分かりやすく管理できるので最高ですが、流石に口座預金が示された画面をスクリーンショットして提出、はちょっとね。本人の名前とかちゃんと写りこまないと思うし、これだともったいないです。もう一声欲しい。大人しくサポートセンターに連絡しましょう。

N26のサポートセンターにはアプリから連絡できますよ。

まずはアプリにログインして、下のアイコンの中にある「*」ネジみたいなアイコンをクリックしましょう。ここでControl Centerに飛んでくれます。そして下にスクロールするとServiceというセクションがあるのでこちらをクリックします。

f:id:morianna:20170922214429j:plain

Serviceのセクションに入ると、Your customer serviceというカスタマーサポートページに飛びますので、ここから下にスクロールして「Still have questions? まだ質問ありますか?」をクリックです。

f:id:morianna:20170922214353j:plain

すると質問フォームみたいなのが出てきますので、こちらに「銀行残高証明書」が欲しいんです、って内容で書き込みましょう。

f:id:morianna:20170922214604j:plain

全ての内容を書き込んだら、Submitで送信して完了です。

f:id:morianna:20170922214444j:plain

私が書いた質問の例文はこんな感じでした。コピペ使用もどーぞ、どーぞ。

 

Dear N26 Customer Team

I am always appreciating for your support and quick answer.

I am now applying for new Visa in Germany and I need to submit my saving status.

I would love to request for my bank saving status, and I need this paper for my visa application interview, the date is TT,MM,YY.

It would be nice if you can send it to me as PDF data.

If you need my bank account info, here is my IBAN and BIC.

IBAN: DE------

BIC:DE------

Thank you very much for your support.

 

私の場合「2〜3営業日以内で届けます。」という事前連絡よりも、実際には3日以上待っても届かなかったので、メールで催促して1日待機。それでも翌日までに対応されなかったので直接お電話して「今日中にください。」と急かしました。まあ、届いたのは2日後ですけどね。申請には間に合ったから良し。届いたデータはこんな感じ。結構オフィシャルでしっかりした英文の書面(あと、当たり前ですがユーロ表記)で届いたので、ビザ申請の時も何も問題なく提出できました。

f:id:morianna:20170922214208j:plain
大概対応が早いN26なんですけども、たまにはダメな対応の時もあるみたいです。まあ新興銀行ですから、これでも他のスーパーお役所主義的な会社に比べたらマシな方だと思います。もし、ビザ申請日が近いのに期日までにデータが届かなかった時は直接お電話してみてくださいね、ってお話しでした。

 

他の銀行のやり方はわからないのですが、まあ分からない場合は何でも直接問い合わせてみるのが一番話早いです。サポートセンターならば英語のメールでも受け付けてくれると思うし、ダメでも直接電話して、お願いしたら誰か英語担当者に繋いでくれるかもしれません。銀行口座残高証明書ってビザ申請においては結構重要な書類だと思うので、皆さんもご準備頑張ってください。微力ながらのエールをお送りいたします。