ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

記事訂正と素敵ブログ紹介「Ausbuildung(アウスビルデュング)研修生制度」を利用してドイツ滞在中の高田マナさんよりビザ取得の難しさを教えて頂きました。

最近の記事から遡って過去の記事まで読んで下さって有り難うございます。

イキナリ歯医者で親知らず残り全部抜いたかと思えば真面目な話もします。また先週末になんかアクセスがぐわ〜っと上がりまして沢山の人に読みにきて頂いていたみたいです、有り難うございます、恐縮です。面白いことに「友達の友達がFacebookでLikeした記事がアンタの記事やったよ。世間狭いわ〜!笑」というメッセージが友人から届きました。世間狭すぎですね、ビックリです。皆さんお忙しいでしょうに、わざわざシェアして下さって有り難うございます!やっぱり「ベルリンの最悪なスタートアップで働いて見えた「国際色豊か」な街で買いたたかれる外国人とドイツの若者の現状 」の記事が一番読んで頂いているみたいですね。ワーホリキラキラ★ブログの中で猛然と脅威を放つ「ゾンビ日記」な私のブログ。(実際にこの記事を「ゾンビ日記」ってTwitterで上手いこと呟いて下さった人がいらっしゃいました。kurikuri321さん、この場を借りて有り難うございます。)

f:id:morianna:20170911220412p:plain

本当、ドイツやベルリンでのワーホリのネガティブキャンペーンがしたいわけではないので後で何とかせんといかん!と思っているのですが、まあ事実として現実の一部でもあるので。この情報はこれで、いいのかな?私みたいにケーキに粉砂糖ふってハチミツかけたような甘い考えで乗り込んだら一発で淘汰されますので!お気をつけ下さい。

また前置きが長くなりましたが、そんなこんなで過去の記事を読んで下さる人も増えたみたいで、その流れでとっても貴重なコメントを頂きました。以前、私が書いた記事の中に「ドイツはなんだかんだ外国人に可能性を与えてくれている!ビザも色んな方法があるらしい!」という記述がありまして、その記述が不十分だったので補足頂きました。

 

第二話 そもそもベルリンに何を期待し、やってきたのか。「ベルリンでワーホリ、そのまま移住計画」の勝機について弁明というか、説明します。」(タイトル長いな!)に貴重なコメントを頂きました。

www.berlin-fightback.com

この記事、まだ一年前にもなっていないのか!うわ〜、色々ありすぎてスゴく昔のことに感じるけども8ヶ月前の記事か。ワーホリでドイツ、ベルリンまでやってきたくせにあんまり仕事が見つからなさすぎて「このまま今月中に仕事が見つからなかったら帰国も検討する。」とかキーボードをブチ叩きながらもがいていた時期ですね。(その間に仕事が見つかったり、働いたり、転職活動したり、退職したり、ビザ取ったり。。。スゴい面白い時間を過ごしましたねえ。)はい、該当のビザの部分はコチラの文章です。

f:id:morianna:20170911214217p:plain

この文章を読んでご連絡を下さったのが高田マナさん。実際にドイツでワーキンごホリデービザで滞在された後に、園芸を学ぶ為に研修生となり今も研修と学業を両立されている方です。実際に「Ausbuildung(アウスビルデュング)研修生制度」を利用してビザ取得も行なって来られて当事者だからこそ分かるご苦労もあり、正しい情報を届ける為にも私までわざわざご連絡を下さいました。

f:id:morianna:20170911214216p:plain

「私はワーホリで滞在した後、Ausbildungをしている者です。上記の文中に「~研修生になることが出来れば企業で働きながら、専門スキルを身につけることが出来る、またビザも貰えると言う画期的な仕組みがあります」と書かれていますが、実際Ausbildungのビザを取得するのは私は非常に大変でした。何とか取得出来ましたが、取得には一年以上もかかってしまいました。住む町の外人局などの対応によっても違うとは思うのですが「Ausbildungの実習生として企業に雇ってもらえる=ビザが貰える」と言う風にも受け取れる文章だったので、それは私の経験から言うとちょと違うな...と思ったので、コメントさせて頂きました。」

 

確かに、私すっごくサラッと推測で情報を記載してました!!(焦)すぐに高田さんに連絡させて頂きましたら、現在進行形でアウスビルデュングを行なっている高田さんのブログを教えて頂くことが出来ました。

f:id:morianna:20170911214216p:plain

「私は自分のブログでAusbildungの事を少し紹介しているのですが、この教育システムに興味を持ってる方からたまに連絡を頂く事がありました。日本人でドイツに移住して来る人も少しずつ増えている印象があるので、同時にAsubiludngに興味を持つ方も増えているのかもしれないと思いました。ただ私の場合ビザが本当に大変だったので、気軽にはおすすめする気にはならなんですね。なので森さんのブログを読んだ方が、もし、もしですが「Ausbildungをすればビザ取れるし、これは良い」と、気軽に考えてしまわれたら、ちょっと危ないかな..と思った次第です。長々とすみません。勿論です。私のブログを紹介して頂ければ嬉しいです。最近はあまり更新してませんが、はてなぶろぐじゃなくて、他の媒体でAusbildungやビザの事は詳しく書きましたので、宜しければそちらをお使い頂ければと思います。」

高田マナさんのブログ「Manablick」には研修生になるまでの葛藤や苦労、そして現在のお仕事の様子が綴られています。

f:id:morianna:20170911215349p:plain

http://manablick.net/

高田さんのブログではビザを申請するまでにかかった苦労、また再申請の際の書類の準備に関してなど、とても詳細に記述されています。Ausbuildungについて詳しく知りたい人は、まずは彼女のブログをチェックして頂ければ幸いです。しかし高田さんもご記載されているように、ビザの申請に関しては申請年度によって法改正があったり、また職種によって事情も変わることもあるかと思いますので、是非ともご自身でシッカリ調べてみて下さいませ。

 

もし私の文章に不備や不足がありましたらご指摘をお願いします。

堂々と書いちゃうのも本当は情けない話なのですが、間違った情報を日本の方にお伝えしたら申し訳ないので。お気づきの方はご協力をお願いします。

本当は過去記事の記事内容だけ修正しようかとも思ったのですが、高田さんのコメント自体が素晴らしく、このまま流れを一緒にみて頂いた方が「ビザの取得方法や事情は人によって色々と変わってくるのだな」と理解して頂けると思ったので新しい記事にしました。一度まとまった時間を作って過去の記事の内容もチェックしないといけないな、と考えさせられもしました。高田さん、本当に有り難うございました!