ベルリンから人生敗者復活戦。

ワーキングホリデーの失敗談を綴る。その失敗の過程と、失敗から出直す、敗者復活戦の過程も勝手に配信する。

ベルリンでフリーランスビザ申請&方法

ベルリンにてフリーランスビザを最長の3年間(2020年まで滞在可能)で取得しました!ビザ獲得の勝因を検証してみましょう。

「わーい!」とビザ取得後にここで写真を撮るのは定番ですよね。 結果から書き始めるのは英語論文を書きまくったからかもしれない。(言うほど書いてもいないけども)もう、本当に感謝しかございません!無事にフリーランスビザを取得することが出来ました〜…

「個人主義の国では個人主義で戦って将軍になろう!」ベルリン最悪スタートアップ企業とのフリーランス契約は断りました!

退職を控えてとってもスッキリしたオフィスの私のパソコン。「ばいばいびー!」 ブログと言う媒体では読者は「ブログ記事」に興味があるのであって、「ブロガー」自体に興味がある訳ではないと自覚しております。しかし何名かの温かい言葉に励まされ、ここま…

ベルリン最悪スタートアップとポーカーゲーム。遂に「フリーランスでも良いから残って働かないか?」と言わせました!

結論から先に書いていますが、金曜日にこの言葉をオーナーから吐かせるまで、それはそれは長い道のりがありました。このポーカーゲームでは、女優さんみたいに徹底して表と裏を貫きました。未来の私が今日の文章を読み返して「アンタ、頑張ったのね。」と思…

賽は投げられた!ベルリン最悪スタートアップに辞表提出。腹の探り合い、ポーカーゲーム開始。

「彼らが誘いに乗るかは分からないわよ?」日独フリーランスのお姉さん、お兄さんにアドバイスを貰ってきました。 辞表提出前日に自分で英文の契約書を仕上げて、ドイツ人フリーランスのお姉さんと、日本人フリーランスのお兄さん、三人で話をしました。ドイ…

ベルリン最悪スタートアップの手口公開。「試用期間を出来るだけ長くして安く人材を使い倒したい」時に提示してくる悪魔の契約。

私がされていることに関して 私は2月初旬に採用された際に「6ヶ月の試用期間を経て、その後正規採用になります」という契約を結んでいます。その為半年後の8月初旬(6日)を過ぎれば自動的に正規雇用となり、ドイツの労働法でも守られる正社員の立場にな…

何を持って「最悪」を定義するのか。—ベルリン最悪スタートアップで解雇予告通知を渡されて労働ビザの可能性を示されても、自尊心がソレを拒絶した。—

まだまだ続いております、「ベルリン最悪スタートアップ」編。早く好きな映画が見たいし、ボルダリングも登りに行きたい。今だったら一日4本続けて映画見ても絶対飽きないし、ボルダリングだっていきなりグリーンレベルも制覇しちゃうぐらいの勢いでエネルギ…

ベルリンの最悪スタートアップで酷使されるぐらいなら、フリーランスになったらいいんじゃない?

「ベルリン」「スタートアップ」「最悪」の反響の高さに驚きと納得。 月曜日の夜に投稿した記事が、ものすごく反響を頂いているようで驚いています。『ものすごい』って言っても、別に有名ブログさんからしたら対したことは無いのでしょうが、普段のアクセス…

ベルリンの最悪なスタートアップで働いて見えた「国際色豊か」な街で買いたたかれる外国人とドイツの若者の現状

半年間の試用期間終了を控え、オーナーから「無価値」との評価を頂きました。 「半年間働いてきた君を見て、唯一気に入っているのは君のフレンドリーな人柄と性格だけ。仕事内容には一切満足していないし、何の結果も出せていないじゃないか。唯一成功したよ…